Musicのキャリアを昭和時代に遡って振り返ってみると懐かしくおもう

日本の音楽ときを振り返ってみます。昭和40階層にはグループサウンズやフォーク、演歌などがラジオやテレビジョンで流れていました。この頃はレコードを買いカセットテープに収録などしてラジカセで聴いていた時期です。
フォークソングの次にはNEW音響という品目の音楽が流行りました。演歌でもなく歌謡曲も乏しい、「ポップス」みたいといった基盤の品目です。フォークからこういうNEW音響みたいへとただただ移行して言う作家も数多くいました。その後ロゼレディや山口百恵、松田聖子といった夫人タレントの音楽が成功し、「歌謡曲」という品目が確立して言うと思います。もちろん郷ひろみものの男子タレントもつぎつぎに出てきたところです。それを見越すように各局では「音楽プラン」が放映されました。代表的なのが「ザ・ベストテン」や「ホームテン」などです。ここでヒットした歌はその後も引き続き歌われ続けていらっしゃる。また覚え易く、際が経っても思い浮かぶ名曲はここから生まれていました。平成へと時期が変わり、アタッチメントはレコードからCDへと以上していきます。こういうCD浸透によりカセットテープやレコードは利用されなくなりました。音楽もJポップと呼ばれる曲やラップ感じの曲、そして「おにゃんこ仲間」のように多人数で歌うタレントタイプが好評を得る風潮に変わってきました。そうしてこれからCDからDVD,またオンライン浸透により音楽を「転送」して聴く、という時代になりました。音楽品目もレベルアップして批判のしようがありません。最近になってまたレコードやカセットが見直されてきています。個人的には大歓迎です。ういういしいカテゴリーの奴にには正邪聴いてもらいたい、と思います。毛がにを初めてお取り寄せするなら必見です

Musicのキャリアを昭和時代に遡って振り返ってみると懐かしくおもう